「理想の結婚」というものがあります。皆さんは、その理想の結婚を、いつイメージしたり、抱いたものになられますか?人によっては、幼稚園、小学生、中学生、高校生、大学生、社会人になってから・・・、などなど、皆さんが抱いた理想の結婚というのは、皆さんの人生のライフステージの中で様々な形を変えて理想型になったものではないでしょうか?今、皆さんが婚活をする中で、理想の結婚に関しては、どの時点の「理想の結婚」とリンクしているのでしょうか?「理想」というのは年月とともに、形を変えスタイルを変えていくものですが、時代遅れの「理想」を皆さんが抱いているとなると、現実とちぐはぐな部分が出てくることもあり、そのようなことがトラブルにつながったりみなさんの婚活を足止めしてしまったりすることもあるかもしれません。なぜか「理想の結婚」に辿り着けず婚活がうまくいかないなどと感じていらっしゃる方は、一度、ご自分の「理想の結婚」に立ち返り、自分は、いったい「結婚」に、どのような理想を掲げているんだろうか?といった分析を行ってみることも良いかもしれません。幼稚園の頃の理想の結婚の夢が叶ったなどという方は、とても素敵なお話ですが、現実的には様々な困難が結婚には付随してきます。皆さんは、「婚活」をするにあたり、現実的な目線で物事の判断も必要となってくるのです。時には理想と現実を、天秤にかけることもあるでしょう。

女性は、男性を見極める際に、見た目よりは、「会話」を重視する傾向があるようです。婚活の場などで、ちょこっとした会話にも、きちんと査定の眼が向けられているのが女性の目線でもあるようです。また、気持ちを「言葉」にしてくれる男性に弱いというのも女性の傾向でもあるようです。ですから、ルックスはそれほど良くもないのに、「会話」の話術がある男性が、次々と、違う女性との浮いた噂話が出まわるのは、女性が会話上手な男性に惹かれてしまう点を良く表わしているのではないでしょうか?大人しい人が、モテる場合は、母性をくすぐるなどとも言いますが、自分の思っている感情や気持ちをきちんとストレートに言葉にできる男性は、言葉数が少なくとも女性がよってくるようです。その反対に、真面目であったり、オレに付いてくれば分かるといったタイプの人々が、自分の気持ちや感情を言葉にしない事に関しては、女性は不満が募ってしまい、離れていくといった傾向をみせるようです。女性は、ほんとうにおしゃべり好きでもありますが、男性の見極めに、相手からの言葉を求めているとは、男性にとっては知っておいて損はしないのではないかと思われます。男性からの甘い言葉に騙されがちな女性の方々は、男性の言葉を疑ってみる事も時には必要かもしれませんね。

市役所に勤めるSさんが旅行の幹事をやったのは、出張所から本庁に帰任して現在の課に配属された年だった。「近頃は女子職員の半分が旅行に参加しないんだ。親睦の意味が薄れるし、といって、いやだと言うのに無理に引っぱって行くわけにもいかんし」課長のぼやきを聞いて、「私がなにか工夫してみましょうか」幹事を買って出たのである。Sさんはまず、どうして旅行に行きたくないのかと、女性職員達にわけを聞いてみた。

その結果、「課の旅行は楽しくない」という返事が圧倒的に返ってきた。「男の人には面白いでしょうけれど」「いや、男だってつまらないさ。にらまれるのがいやだから参加してるだけさ」苦笑して言うのは若い男性職員だった。いったい今までどんな旅行をやってたんだ。Sさんはさかのぼって過去の旅行を調べて、問題点をチェックし、「よし、今度こそ楽しい旅行をしてもらうぞ」と、行動を開始した。

一番目の仕事は、男だけの宴会でコンパニオンを頼むことでした。今回は熱海に旅行にいくので、熱海コンパニオンを頼むことにしました。

PICKUP:熱海コンパニオンを探すなら熱海のコンパニオン宴会プランのサイトがおすすめ

次に、これも根まわしが必要だったが、バスの中では飲酒禁止という方針を打ち出した。毎回、発車早々缶ビールを空けて、酔ったあげくに女性職員のひんしゅくを買う男性が出ることを聞いたからだ。そして、またまた根まわしが必要だったが「単独行動は認めません。みんな-緒に帰りましょう」の方針を了承してもらった。

「俺、あくる朝みんなと別れて釣りに行きたいんだがなあ」「さーて、旅行先にいい釣り場がありますやら」実は、古参の一人が釣り好きで、従来の旅行先は多かれ少なかれ彼に迎合して決められ、マンネリ化の一因になっていたのである。「さて皆さん、旅行地はどこがいいでしょう」観光バス会社のベテランの知恵を借りて作った3種のプランを示したのは、それからのことだった。

一泊二日のバス旅行は、Sさんを中心に男女の幹事グループがねりあげた盛り沢山の楽しいスケジュールをこなして、「団体旅行ってこんなに愉快なものなのね」「課の親睦ってこれなんだよな」全員参加して全員が満足のうちに終了したのだった。

 

30代になっても結婚できない女性たちの悩みの中に、結婚の先延ばしがあるようです。男性、女性ともに、その年代においてライフステージ変化し、その年代でなければ、叶わない夢や野望もある訳なのです。そのようなライフステージの変化の中で、女性たちは、アレもコレもやっておきたいと考えると、結局、結婚の優先順位が下がってしまい、先延ばしという展開に辿りついてしまう事が多いのだそうです。そのうちに、結婚しなくても良いかも、いや、結婚しない方が正解かもしれないなどと、自分の今ある状況を肯定しはじめ、「結婚」が幻化していってしまう現状があるようなのです。もちろん、結婚したい、結婚できないといった焦りを感じながらも、結婚以外のことが優先されてしまう女性のライフスタイルは、今後、社会の中で、どのような受け止められ方をしてくるのでしょうか。結婚したくとも、ライフステージの中で、その優先順位が低くなってしまえば、結婚は見送られてしまう可能性が大きいのは確かであります。どのような、働きかけが、女性のライフステージ上での、結婚の優先順位を上げてくれるのでしょうか。恋愛、女性の自立、結婚など、これら様々な要素を天秤にかけながら、女性たちは社会の中で多用なる変化をみせているようです。

驚いたのは、会社から経費か出るわけではないと聞いた時だ。次に驚いたのは。いや、以来六十日間、驚いたり、泣きたくなったり、目方がへったりをいちいち並べていてはキリがない。あまりの苦労に、いっそ地球が爆発しちまえばよいと思ったことが五回、そのたびに、なーに負けるものかと気力をふりしぼったことが五回あったとだけ紹介しておこう。

そして三月下旬。会社の枠を越えて広くみんなに呼びかけた『Bの婚活パーティー』が高名なホテルの広間に四百人を越える出席者を集めて聞かれ、大成功。なかでも、写真とイラストで構成し少々脱線気味のナレーションをつけたスライド『B』は満場の喝采をはくし、また壇上で、長年連れ添った老夫人に向って切々と朗読する感謝の言葉は、列席者すべての涙をさそって圧巻だった。これはいずれもチーフ幹事Aさんのアイディアだった。婚活パーティーの盛大さは社内報にも載り、Aさんの有能な幹事ぷりは全社的に知れわたった。

「それにしても、幹事はなんと"割りの合う"仕事だろう」とAさんは思う。Bはじめそれまで直接会ったこともなかった社長や重役、あるいは社外の高名な人士と語り合う機会が得られたのも幹事の肩書きのお陰なら、会場手配などを通じて未知の分野に知己が沢山できたのも収穫だった。そして何よりも大きな収穫は、「成せば成る」の真理を体験したことで、会社の仕事にも以後一段と打ち込めるようになったことだった。